子役タレントのオーディション

最近、ドラマやCMなどでたくさんの子役タレントが活躍しています。自分自ら興味を持ってこの業界に足を踏み入れる人、内気な性格を変えるきっかけになればと親が応募する人、と活動を始めるきっかけは実に様々ですが、仕事として続けるのはそう簡単ではありません。

子役タレントと言っても、仕事をする上での流れは大人と何ら変わりありません。まずは所属希望の事務所のオーディションを受け、タレント事務所に所属することから始まります。無事入所のオーディションに合格し、タレント事務所に所属が決まれば、暫くはレッスンを受け、演技力などに磨きをかけるために準備期間に入ります。そうしてレッスンを受けながら、仕事に繋がるオーディションを受け、そのオーディションに合格して初めて、子役としてデビューできます。オーディションの話は事務所を通じて紹介などされるため、初めてでもあまり心配の必要はありません。また、同じ事務所に所属する子役タレントの親など、同じ立場の人との交流の輪も広がり、そこでも情報交換が可能です。

子役タレントとして活動する上でパートナーと言っても過言ではないのが、所属するタレント事務所です。そのため、オーディションを受けるタレント事務所を決めることは、大切なポイントの一つです。現在、タレント事務所と言ってもその数は多く、選ぶ際に悩んでしまう人も多くいますが、かかる費用や、応募資格、通う事務所の場所など、無理なく続けられる条件に合致する事務所を探すことが大切です。