注目される子役タレント

以前より脚光を浴びる機会の多くなった子役タレントは、今ではテレビドラマだけではなく、CMやスチル、声優や舞台など、さまざまなジャンルへ活躍の場を広げています。タレント事務所によっては得意分野もあるため、実際に事務所の所属を考えている人はオーディションを受ける前にその事務所が得意とするレッスンや実際に所属しているタレントを確認すると良いです。

例えば、テレビや映画、舞台など、演技を通じた活動を行いたいと考えている場合、演技指導のレッスンが充実している事務所への所属がおすすめです。無理なく通える範囲で、演技指導に力を入れている事務所を探し、実際に所属しているタレントがその分野で広く活動しているか確認すると、より所属後のイメージが具体的に想像できます。また、CMなどの仕事を中心に扱うキッズ・赤ちゃんモデル専門の事務所などもあります。演技は難しいとCMを中心に活動を考える人におすすめの事務所です。

また、その事務所によって活躍している年代に特徴のある事務所もあります。その場合、その年代についてオーディションが多い可能性も考えられるため、所属しているタレントの幅は大きなパロメーターの一つとして考えられます。

 

タレント養成所に入所するには

 

養成所の入所オーディションを受けよう
画像引用 《テアトルアカデミー_養成所入所オーディション》

子役タレントになるためには、多くの場合が入所オーディションを受け、事務所に所属するところから始まります。そうして事務所に所属しながら仕事のオーディションを受けることで、その後の活動に繋がるメリットが多くあるためです。

まず、オーディションや実際に仕事をしていない時期にでも、本格的な演技やダンスなどのレッスンをプロの講師から学ぶことが出来るため、いざ実践というときにも役立つ実力を身に着けることができることです。そして、今後そういった芸能活動をスムーズに行うためのノウハウを覚えることができます。業界ならではのマナーやルール、システムなどに触れることもできるということは今後の活動をスムーズにする上でとても大切な事です。また、タレント事務所はその実績や伝手から直接仕事のオーディションの話が持ち込まれることも多くあります。そのため、事務所に所属していれば自分一人で受けられるオーディションを探すことに比べより多くのチャンスに恵まれます。

子役タレントとして活動をすることは、単に仕事をするということだけではなく、多感な時期により多くの経験をすることで、より豊かな感受性が育まれ、自己表現ができるようになるなど、子ども本人の能力開発や貴重な社会経験にも繋がります。